okomeno
mozi rekishi mozi tane mozi bunka mozi hito mozi hito mozi huukei mozi noukamuke

 

何を調べる? 何が分かる? お米の『品種鑑定』のはなし


土をいじってはいけない日!? 土地の神様を祀る『社日』。


【季節の行事レシピ】管理栄養士が教える「春彼岸に欠かせない炊飯器で作る簡単『ぼたもち』」


麹と水とお米が生み出す自然界の神秘。酒母(酛)造りの工程について


土壌中の欠乏・過剰に要注意! 硫黄とイネの関係。


 


お米を、


みんなで考える。




日本人にとってお米は、

植物と人よりも

食べ物と人よりも

もっと深く、強い

結びつきがあります。

日本人にとってお米は、

文化であり、願いであり、

二千年以上をともに

生き抜いてきた仲間であり、

風景であり、いとなみです。

私たちは、お米農家の

集合知を結集することで

「選ばれるお米」をつくり

稲作文化を

次の世代へ伝えていきます。

1年に一度しかできない稲作を、1年に1万回経験する。

お米をつくれるのは1年に一度のみ。20歳から70歳までお米をつくったとしても、50回の経験をすることしかできません。しかし、1万人の経験を集めることができたら、1万人の頭でお米のことや農業のことを考えることができたら、日本の農業は、ずっと先に進みます。50回の経験が50万回の経験に。私たちは日本の農業を50万年先に進めます。日本お米協会の目指すことをもっと詳しくsenmaida
「選ばれるお米」をつくり、稲作文化を次の世代へ

半世紀以上前に始まった「緑の革命」の食料増収の時代。その後、豊かになった日本は歴史上初めてお米が余りはじめました。お米の消費は年々減る中、私たちは「選ばれるお米」をつくることで稲作文化を次の世代に継承します。お米先進国、日本のお米のことをもっと詳しく
okomes
お米農家の皆さまへ

先進的な栽培方法や、希少品種の栽培について、販売方法など、お米に関するすべての情報を集約する取り組みです。全国のお米農家の情報を共有し、あなたの経験も日本お米協会に加えて頂けませんか。入会についてもっと詳しく
midorimai

お米農家と話して選べる、産地直送米を買う。

日本お米協会が運営するお米のWeb Shopです。誰が、どんなつくり方で、どんな想いでお届けしているお米かわかるものを、
お米農家から直接買うことができます。他にも厳選されたこだわりの塩や油、醤油などの調味料や雑貨なども販売。お米以外はまとめて発送可能です。Web Shop いとなみ米穀店

webshop itonami